株式会社 タナカ建装

熊本のリフォームや耐震住宅・省エネ住宅など注文住宅はタナカ建装へ。
チャフウォールや無垢材を使用した家づくり

TOTO

TOTO

 

INAX

INAX

 

東リ

東リ

 

営業エリア

熊本県内全域(熊本市、荒尾市、山鹿市菊池市、阿蘇市、植木町、合志市、玉名市、南関町、宇土市、八代市など)、福岡県大牟田市、久留米市、柳川市、大川市
HOME»  省エネ住宅プロジェクト

省エネ住宅プロジェクト

エコ・ハートQ21工法による省エネ住宅は光熱費負担の少ない自然に癒される環境共生住宅です。

→長期優良住宅についてはこちら・・・

 

今思えば、昔の家には、縁側や土間などの半戸外空間がありました。内・外の境にある空間は、日常生活のなかで自然に触れ合うことの出来る場でした。住んでいてアレルギーなんてなかったですね。体調が悪くなる家があるという事実を知り、シックハウスとは無縁の家づくりをおすすめしています。またお気に入りやこだわり、古材の利用、デザイン、デジタルライフの提案を考えます。

 

写真

 

エコハートQ21工法は、エコハートQハイブリッド工法に進化します!

詳しくはこちら・・・

 

エコ・ハートQ21って何がいいの?

 

一般的な在来工法とエコ・ハートQ21の違いはどこなの?

 

住宅性能が全然違いますといっても、外観からは全く解りません。性能は悪くても外観のデザインや展示場のインテリアでお客様に好印象を与えることも可能です。
また、自然素材を売り物にして、ムク材や塗り壁を見せることも可能です。見かけだけの住宅性能に惑わされて失敗するケースがほとんどです。見かけに騙されずに本当の住宅性能を知る手段は公的な機関の証明書を掲示してもらうことと、その工務店の自己評価を証明してもらうしかありありません。一般的な在来工法とエコ・ハートQ21の大きな違いは、エコ・ハートQ21「次世代省エネルギー基準適合住宅」評定を受けた公的に認められた工法であることです

 

認定書

↑戻る

 

大手ビルダーとエコ・ハートQ21の違いはなに?

 

大手のビルダーは、戦後の復興期に大量の住宅を早期に供給するために大きな役割を果たしてきました。軽量鉄骨や軽量コンクリートなど、様々な木の代用となる建築素材を開発し、全国的に大量の住宅を提供してきたのです。したがって地域的な特性は無視されて全国一律の住宅が北は北海道から南は九州・沖縄まで同じ形同じデザインの住宅が建つようになりました。これもまたFC展開の工法と同じように地域的には様々な問題を抱えることになりました。
エコ・ハートQ21は九州の素材を使用し、九州の気候条件を知り尽くした地元の工務店によって開発され、しかも建てられる住宅工法です。大手ビルダーが高級商品を次々に軽量鉄骨から木造に替えている現在。エコ・ハートQ21は、その性能に置いて群を抜いた工法であるといえます。

 

九州の素材を使用

↑戻る

 

エコ・ハートQ21の開発思想はどんなことかしら?

 

住宅の工法といえば、今までは北海道などの寒冷地の工法が全国一律に取り入れられてきました。現在でもFC(フランチャイズ)展開されている寒冷地工法もありますが、確かに冬の寒さ対策にはなるものの、それ以上に梅雨や夏には様々な弊害があることも解ってきました。
特に最も快適に過ごせるはずの夏、暑くてたまらないという問題が出てきたのです。厚い断熱材は、冬の常時暖房と夏の常時冷房が基本的な条件になり、開放的な生活を基準とする九州には向いてないことが解りました。この様な失敗を踏まえて、冬も夏も快適な住宅工法を求めて科学的な実験によって開発されたのがエコ・ハートQ21工法なのです。

 

エコ・ハートQ21の開発思想

↑戻る

 

エコ・ハートQ21と他の住宅工法の最も大きな違いはなに?

 

エコ・ハートQ21は見かけだけで人を引きつける工法ではないということが最も大きな違いといえるかも知れません。住宅は、湿度・温度環境やエネルギーなど様々な科学的な要素によってその性能が決まってきますが、ほとんどの場合は科学的なデータは無視されて見かけだけで決められる要素が非常に大きいのです。
現に、多くの展示場ではデザインやインテリアコーディネートだけで人々を引きつけていますそれはそれで感性に訴えかけるのですから無視するわけには行きませんがそれよりも重要なのは再三申し上げますが住宅の性能です。内装やインテリアコーディネートは簡単にかえられますが住宅性能は簡単にはかえられません見かけに騙されず住宅性能を重視して住宅をお建て下さい。それが住宅建築に失敗しない唯一の道です。

 

エコ・ハートQ21の特徴

↑戻る

 

木造住宅は鉄骨やコンクリート住宅よりも優れているの?

 

最もポピュラーな実験として、木と鉄、コンクリートの三種類の箱でマウスを育てた実験が報告されています。
おのおの10匹ずつ飼育した結果どの箱の中でも80匹から150匹の子供が生まれましたその時の外気温は最
も過ごしやすい25℃から26℃に説定されていました。木の箱のマウスの子供は、生存率が90%以上あったの
に対し、鉄の箱では約50%、コンクリートの箱では、わずかに4~5%程度の生存率しかなかったのです。この
違いは保温性が大きく関係しているようです。激しく体温が奪われるときほど母親の授乳時間が短くなり、子供
の体力の消耗もはげしくなり生存率や発育の低下につながっているようです。それでもまだ、軽量鉄骨や鉄筋
コンクリートのマンションに住みたいと思われますか?

 

エコ・ハートQ21は自然災害に対してはどうなの?

 

昔から住宅建築には地元の木を使えといわれるように、木材もまた地元の気候風土の中で生育してきたものが、最も住宅に適した材料であることはいうまでもないことです。また建築工法についても、気候風土を知り尽くした地元の大工が建てた方が良いに決まってます。
エコ・ハートQ21は、基本的に地元の木を使って地元の大工が建てる住宅です。それが、自然災害に最も強い家造りの基本になるからです。積雪地帯には積雪対策があるように、暴風地域には暴風地域特有の住宅工法があります。
その様な地域にあった住宅を建てることが、様々な地域的条件による住宅の劣化を防ぎ地震などの不意の災害が発生した場合にも、シェルターとして人命を守る本来の住宅の役割を果たしてくれます。エコ・ハートQ21は、自然災害にも強い住宅工法です。

 

自然災害

↑戻る

 

断熱材は厚ければ厚いほど良いという訳じゃないの?

 

断熱材は蓄熱材ではありませんが、長年放置しておきますと自然温度に近い状態で温度が安定します。それは厚さと重量に比例しますから、熱をこもらせたくない場合には、比較的に量の少ない断熱材の方が向いています。
真冬には厚手のオーバーの方が快適ですが、春になると厚手のオーバーでは暑すぎます、しかし脱いでしまうと寒いことを私達は経験的に知っています。春先には薄手のスプリングコートの方が暑くも寒くもなく快適です。断熱材もこれと同じように気候風土によって適量のものを選択することが重要なのです。
特に温暖で蒸暑地域といわれる九州では、科学的に計測された適量の断熱材を使用する方が過剰な断熱をしている住宅よりも断然快適になります。

 

断熱材

↑戻る

 

他の工法とエコ・ハートQ21の圧倒的な違いはどこなの

 

エコ・ハートQ21の圧倒的な違いは、様生な災害から人々を守るシェルターとしての機能と自然素材を多用することでホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)の発散の少ない、人々の健康を守る住宅であること。それにエネルギーをあまり必要としない省エネルギー住宅であること。この様な住宅に必要なごく一般的な約束事がトータルで守ることが可能な住宅工法であることです。
一つ一つは、たいした魅力的でないものも、その内のどの一つの現象面をクリアーするにも、住宅のトータルな性能が求められます。エコ・ハートQ21の圧倒的な違いは、科学的なベーシックで皆様の大切な住環境をいつまでもクリーンに守ること出来る住宅工法であることです。

 

他の工法とエコ・ハートQ21の圧倒的な違いはどこなの